評価基準

地場の酒ソムリエがほとんどを占める酒チャレンジの審査員は、経験と専門知識を組み合わせた5つにわたる判定基準で出品酒を評価します。

最高の酒を選出する為の、品質、味、プレゼンテーション、包装のデザインの判定基準によるフィードバックが生産者に与えられます。生産者およびソムリエが個々の酒が世界基準のどこに位置づけられるかを見ることができる格好の機会となります。

エントリーされたすべての日本酒に対して、酒チャレンジの開催者によって選出された認定酒ソムリエが審査し評価をします。

採点方法は、エントリーされた日本酒どうしの比較検討による相対評価ではなく、個々の日本酒に対する絶対評価により審査されます。エントリーされた酒の味や香りはもちろん、ラベルの洗練度と包装についても審査します。各項目に対して、個々の審査員が付けた評点を合計、平均して、それぞれの酒の最終的評点(%)とします。

審査基準

評点は以下の基準に従って0~10 の星の数で示されます

  • 星0 (コンペの基準に達していない)
  • 星1-2つ (悪くない)
  • 星3-4つ (よい)
  • 星5-6つ (たいへんよい)
  • 星7-8つ (素晴らしい)
  • 星9-10つ (抜群によい)

判定項目

  • 製品の鮮明度、外観、タイプ、光沢を目で判定
  • 香りと芳香を鼻で調べる
  • 風味と味を口で確かめる
  • 鼻と口内滞留時間の協調で日本酒の最終的な全般的評価を行う
  • ラベルの洗練度と包装を審査

授与賞

上記の審査の統計より、プラチナ賞・金賞・銀賞・銅賞が選出されます。受賞酒にはそれぞれの賞のステッカーが授与されます。このステッカーは酒瓶に貼っていただくことができます。

また、惜しくも受賞に至らなかった日本酒についても、全てのエントリーされた酒には、英語のティスティングノート、(日本食以外との)フードペアリングアイディアをお渡しいたします。日本国内外での販促ツールやラベルとして、ぜひこれらのツールをご活用ください。